09月28日更新!全国掲載件数327件
日本の生活に役立つ

cross the border COMMUNITYMagazine by cross the border

エンタメ
2022.09.12

【私の好きな日本のエンタメ】YICHI LINさん

  • 台湾

人生で初めてミュージカルを観るなら世界最大規模の劇団「劇団四季」がオススメ!

 こんにちは!台湾の台南出身、リンです。前回は京都でオススメの台湾料理専門店をご紹介させていただきましたが、今回は世界最大規模の劇団「劇団四季」の魅力をご紹介したいと思います。皆さんはミュージカルを会場で観たことはありますか?私は中学生の頃に授業でブロードウェイミュージカル「CATS」の映像を見たことはあったのですが、日本で生活するようになるまでは実際に劇場で観たことがありませんでした。理由は、台湾で販売されている有名なミュージカル公演(海外の作品)のチケットは全て値段が高く、1番安い値段で販売されるチケットの枚数も少なかったからです。なので、大阪の地下鉄に掲載されていた劇団四季「CATS」のポスターを見つけた時は10年以上ずっと観たいと思っていた作品が観られることが嬉しくて、アルバイトを頑張った自分へのご褒美として1枚3,500円くらい(2階最後列)のチケットを購入しました。しかし、劇場に入るまでは正直、台湾では考えられないほど安いチケットだったのでステージは観えないだろうと思っていたのですが、劇団四季のステージは2階最後列でもステージ全体を見渡すことができるだけではなく、ラストは猫を演じたキャスト達が2階まで来てくださり間近で触れ合うこともできたので、想像を絶するクオリティーの高さと想定していなかったサプライズに凄く感動し、必ずまた劇団四季の作品を観るという目標をたてアルバイトや日本での生活を頑張ることができました。そこで今回は、台湾と日本のミュージカル文化の違いについてご紹介した後に私が今までにみた劇団四季作品の中から初めてミュージカルを観る方にオススメしたい作品をご紹介したいと思います。

台湾と日本のミュージカルはココが違う!



■値段(※2022年に上演された同じミュージカル作品、台北公演と東京公演の値段です)
【台湾の場合】1階前方:5800元(日本円27,060円)、1階後列:4800元(日本円22,395円)
【日本の場合】1階前方:12,100円~8,800円、1階後列:9,350円~8,250円

■専用劇場
台湾にはミュージカル専用の劇場がなく、有名な「キャッツ」「ライオンキング」「オペラ座の怪人」などの作品は大きなアリーナで上演されることが多いのに対し、劇団四季の場合は、日本全国に8つの専用劇場があり作品に合わせた会場仕様となっています。台湾の劇場をわかりやすく説明すると、演劇専用の劇場は殆どが下北沢の小劇場の様な感じです。日本の場合は劇団四季専用の劇場以外にも帝国劇場、日生劇場、東京国際フォーラムといったミュージカルを上演するのに適した劇場がいくつも存在します。

■上演されるミュージカル作品数
台湾にも演劇文化はあるのですが、ミュージカルよりも戯曲や現代劇、コンテンポラリー作品が多く、有名なミュージカル作品が上演される機会は極端に少ないです。理由は、台湾の人達がミュージカルに興味がないわけではなく、日本の劇団四季のように海外の有名なミュージカル作品を専門的に扱っている劇団がないため、毎回海外キャストが台湾まで来て公演をするからです。2007年に台湾で初めて上演された作品「CATS」は2022年現在までに6回上演されたのですが、日本の様に長い期間上演されるのではなく、台北、台中、高雄の3カ所で合計13公演だけでした。

日本で初めてミュージカルを見るならコレ!ミュージカルの金字塔「CATS」(劇団四季)



今回、私が初めて日本のミュージカルを観る方にオススメしたい作品は、来年2023年に劇団四季の初演から40周年を迎えるミュージカルの金字塔「CATS」(劇団四季)です。この作品は他のミュージカル作品のような複雑な時代設定がなく、「ゴミ捨て場に集まった野良猫達の中から天界へとあがる1匹の猫が選ばれる」というシンプルな話なので、美しい歌に合わせて登場する猫達の歌声やパフォーマンスに注目しているだけで、予備知識がなくても楽しむことが出来ます。更に、劇団四季の場合は台湾公演とは違い「CATS」専用の劇場で上演するため、会場内も猫達の目線を意識したデザインになっていて、まるで自分が猫達と同じサイズになったかのような感覚になることができます。しかも会場をよく見渡してみると公演会場にちなんだ「ご当地ゴミ」があり東京公演の場合は東京の野球チーム「読売ジャイアンツのユニホーム」や「東京タワーの模型」、大阪公演の場合は「たこ焼き器」、福岡公演の場合は有名なラーメン店「一風堂」のどんぶりなどが隠れているので、早めに劇場へ行って3倍~5倍の大きさで作られたゴミの中から「ご当地ゴミ」を探すと、より一層作品の世界観を楽しむことが出来ます。ちなみに私は初めて劇団四季の劇場に入った瞬間、舞台美術の素晴らしさに衝撃を受け、感動して動くことができませんでした。ミュージカルを初めて観る場合、その人の人生に大きな影響を与えることが多いと言われていますが、劇団四季の「CATS」は誰が見ても満足することができる作品だと自信をもってオススメできる作品なので、是非劇場で観てみてください。

■チケットの価格:12,100~3,300円(※公演日などによって料金が異なる場合あり)
■現在は名古屋の四季劇場で2023年3月31日までロングラン上演中

まとめ

 今回は人生で初めてミュージカルを観る方にオススメしたい世界最大規模の劇団「劇団四季」の魅力をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?日本でミュージカルを観たくなりましたか?私の母国台湾ではミュージカルを観てみたい!と思っていてもなかなかチャンスに恵まれることができない人が多いので、是非日本へ訪れたら劇団四季専用の劇場でミュージカルを楽しんでみてください。特に東京都内には2022年現在5カ所、劇団四季専用の劇場があるので、気軽に観に行くことが出来ます。きっと、忘れられない特別な1日になりますよ!最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

劇団四季専用劇場(東京)で現在上演中の作品と劇場に1番近い駅をご紹介

■アナと雪の女王
・劇場:JR東日本四季劇場「春」
・1番近い駅:東京臨海新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩3分
■バケモノの子
・劇場:JR東日本四季劇場「秋」
・1番近い駅:東京臨海新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩3分
■アラジン
・劇場:電通四季劇場「海」
・1番近い駅:都営地下鉄大江戸線「汐留駅」より徒歩1分
■ライオンキング
・劇場:有明四季劇場
・1番近い駅:東京臨海新交通ゆりかもめ「有明」駅より徒歩8分
■美女と野獣
・劇場:舞浜アンフィシアター
・1番近い駅:JR京葉線「舞浜駅」南口より(イクスピアリ館内経由)徒歩10分
※当日券を購入することも出来るので、詳しい情報は「劇団四季」HPをご覧ください




■ライター名:YICHI LIN

【これまでに掲載した記事】
■ショック!!日本人は朝ごはんをお店で食べない!?台湾と日本の朝ごはん文化の違い

関連記事- RELATED ARTICLES -

グルメ

【日本で見つけたオススメのお店】YICHI LINさん

ショック!!日本人は朝ごはんをお店で食べない!?台湾と日本の朝ごはん文化の違い  こんにちは!日本でも人気のタピオカ、小籠包、魯肉飯(ルーロウファン)、鶏排(ジーパイ)、胡椒餅など美味しい料理が沢山…